2007年02月17日

六本木 STB139 綾戸智絵ライブ

今日は、数年ぶりに、綾戸智絵さんのライブに行ってきました。中国に赴任しているお友達からゆずっていただいたお席です。
 
数年前は、NHKの番組に彼女が出てとても有名になった後だったので、ここは六本木なのか?と思うくらい、年配の方々が多かったのですが、今日は、遅い時間だったので年齢層は私達くらいでした。 
0217.jpg
非常にパワフルなMC、というか漫談で、大笑い・・・。元気になりました!
 
終わった後は、ダーリンが「俺にも歌わせろ」ということでなぜか二人でカラオケに・・・。二時間歌って、終了後は天下一品でこってりラーメン・・・。不思議な一日でした!
 
posted by くみくみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

N響「第9」演奏会

今日は、第九の演奏会。
しかし、ものすごい雨、雨、雨・・・。観測史上初の12月の大雨。丸ビルからタクシーはつかまらず、渋谷に行っても長蛇の列。意を決して、大雨の中を歩くこと10分。ずぶぬれになって、NHKホールに辿りつきましたが、既に演奏は始まっており、第二楽章が終わるまで入れないとのこと。ダーリンも同じく遭難者のような様相でほぼ同時刻に到着。
 
演奏は、管楽器がたまに変な音出してましたが、やはり合唱は素晴らしかったです。昔、オーケストラをやっていた時に、ハーモニーがぴったり合うと鳥肌が立っていたのですが、この演奏会でも何度か鳥肌立ちました。ちなみに、昨晩は早く帰れたので、「のだめカンタービレ」というクラシック音楽のドラマの最終回を見たのですが、最後の演奏会シーンでは大泣き。(一度も見たことのないドラマの最終回だけで泣くことが多い私。昔、水戸黄門で泣いたといったら、彼に大笑いされた・・・)えーっと、とにかく、本番に至るまでの苦しい楽しい練習や人間模様が本番で素晴らしいハーモニーになる、しかしその時間はとても短くて、苦労をともにしたメンバーとしか真の感動は味わえない、というオーケストラの世界が好きなのです。
 
今年一年の色々な出来事が、走馬灯のように頭の中をめぐりました。楽しかったこと、嬉しかったことはもちろん、実は近年まれに見るつらいこともたくさんありましたが、何だか一つ壁を乗り超えられた気がしました。
 
毎年、こうやって第九を一緒に聴きながら、一年間を振り返ることができますように・・・。
 
9.jpg
 

[指揮]上岡敏之
[独唱]カリーナ・ババジャニャン(S)/ヘレーン・ラナダ(Ms)/ヨハン・ヴィーゲル(T)/ゲルト・グロホウスキ(Br)
[演奏]NHK交響楽団
[合唱]国立音楽大学

 
posted by くみくみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

小野リサ X'mas Concert

今日は、小野リサのコンサートで、オーチャードホールへ。毎年、オーチャードでコンサートをしているのですが、私は2度目。
 
P1020916.JPG
 
クリスマスソングを中心に、ボサノバの名曲や、カントリーなどを歌うこと2時間。仕事でちょっとブルーだったのですが、ゆったりとした声ですっかり、気分も穏やかになりました。フルートとチェロが入っていて、ボサノバのアコースティックギターがやや薄めで、ややムードミュージックっぽい感じもありましたが、とっても癒されました。
 
休憩時間に外に出てワインを飲もうとしたら、会社の某リーダーと遭遇。デート目撃されてしまいました。
 
クリスマスアルバムの「BOAS FESTAS+」を購入。サイン色紙が入ってました。
P1020931.JPG
 
忙しくて気分がとげとげしているときにはこういう音楽が大切ですね。おうちでゆったりとしたクリスマスパーティの時にかけたいアルバムです。
posted by くみくみ at 21:30| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

フジコ・ヘミング リサイタル

今日は、フジコ・ヘミングウェイのリサイタルで、国際フォーラムへ。彼女の優しいピアノは大好きで、日頃からCDをよく聴いているので、とってもとっても楽しみにしていました。ダーリンにも事前に何度かCDをかけて予習をしてもらったました。
 
Fujiko1.jpg
Fujiko2.jpg
 
 
さて、フォーラムについてみると、ものすごい人。一番大きいホールだったのですが、ピアノ一台と室内カルテッドという構成では大きすぎる箱です。でも満員。彼女の人気のすごさを物語っています。
P1020205.JPG
 
曲は、ショパンのノクターン、ワルツ、エチュードから始まり、リストの「ため息」や「ラ・カンパネラ」など彼女ならではの演奏が続き、第二部は、ショパンのピアノ協奏曲第一番。(やっぱりピアノ協奏曲は、オーケストラで聴きたいなぁ・・・)
 
そして、アンコールは、ハンガリー舞曲、サマータイム、ラデッキーマーチなどサービス精神たっぷりの曲が並びます。しかし、ハンガリー舞曲やラデッキー(観客が一緒に手拍子するウィーンのNew Year Concertでお馴染みの曲)は、リズムや間が独特のフジコの演奏で聴くとある意味はらはらします。がそんなことは全くお構いなしに、自分の家で弾いているかのような肩の抜け具合。ああなりたいものです。
 
ちなみに、二人が良く行く西麻布のバーのバーテンダーの方が、私がCDを持っているのを見て、「フジコさんはこの近くに住んでいるんですよ。よくホブソンズでアイスクリームを買ってます」と教えてくれました。そんな近所にふらりと散歩に出て、そこにピアノがあったらから弾いてみた、というくらいの肩の力の抜け方でした。
 
 
posted by くみくみ at 14:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

ジョン・ベイレス ピアノ・パフォーマンスライヴ2006 アマデウス・ライヴ!

今年は、モーツアルト生誕記念で盛り上がってますね。私もその一人です。今日は正統派クラシックコンサートではなく、パフォーマンス系のコンサートに行ってきました。ジョン・ベイレスは色々な曲を即興で弾く天才。モーツアルトメドレー、アリアメドレーと続き、最後は、日本の楽曲を色々な作曲家風にリクエストに応えて弾いてくれました。例えば、サザエさんのテーマをベートーベン風に弾いたりしちゃうわけです。
 
http://eplus.jp/sys/web/bayless/top.html
 
アンコールのOver the Rainbowやタイスの瞑想曲なども楽しめました!
posted by くみくみ at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

N響 モーツァルトコンサート 〜天上からの調べ〜

母とクラシックコンサート。モーツァルトのジュピターを聴きに行きました。
久しぶりの生で聴くクラシックはとても心地よく、リフレッシュできました。

  
東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル(東京)
[指揮]飯森範親
[独奏]佐久間由美子(フルート)/吉野直子(ハープ)/清水和音(ピアノ)
[演奏]NHK交響楽団
 
コンサート終了後は、母が泊まりに来て、色々と今後について話しました。

posted by くみくみ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。