2010年06月01日

Moribito Session

主人から誘われて、セッションに参加してきました。
Artと学びというテーマの集いです。
http://moribito.jp/

トークセッション&ディスカッション
「アーティストと共に考える10年後の学びの姿 」
   モデレーター:菊地史彦さん(ケイズワーク代表)
   ゲスト:谷澤邦彦さん(アーティスト)
mori.png
久しぶりに絵が描きたくなってきました。

posted by くみくみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

旧白州亭 武相荘

今日は、かねてから訪れてみたかった、白州次郎・正子さんが引退後の生活をおくった武相荘に連れて行ってもらいました。
入り口からの外観。
s2-P5200698.jpg
母屋の全景。建物内は撮影禁止なので、外観だけですが、中には、白州家の食卓が再現されていました。
s2-P5200714.jpg
外にあった囲炉裏に活けられていたお花。館内のいたるところに、お花が活けられています。
s2-P5200730.jpg
庭から続いている裏の山の中を散策。もみじのなかに、少しだけ紅葉している葉がありました。
s2-P5200707.jpg
 
白州正子の本物を見る目はどのように養われたのか、彼女の自伝を見るたびに、発見があります。また、白州次郎氏との生活というものもとても素敵だな、と常々思っていました。個性の強い二人がどんなふうに惹かれあい、ともに暮らしていったのか、というのが、この館を訪れて少しだけ分かった気がします。娘の牧山桂子さんの言葉がそれをとても表していると思います。
 
「両親は、趣味(Hobby)は異なっていたが、趣味(Taste)は同じだった。その二人の趣味(Taste)を見てください」
 
趣味(Taste)が違ったら、例え同じ趣味(Hobby)を持っていたとしても、通じ合うのは難しいと思います。趣味(Taste)とは、「何を良いと思うか」という価値観そのものだから。ちなみに、ダーリンと知り合って初めて互いの部屋に言ったときに趣きが似ているのに驚きました。キッチンの道具まで同じものがたくさん。なので、今の家のインテリアを決める際には、意見が違って困ることはほぼ皆無。はい、最後はのろけ、ということで。
posted by くみくみ at 18:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

シルヴィ・ギエム 最後のボレロ

今日は、シルヴィ・ギエムのボレロを観に行きました。
ギエムは同じくボレロを10年以上前に観ました。その時の衝撃もすごかったけれど、今回はまた違った印象を持ちました。
舞台にいるギエムは何だかもう、人間ではない「何か」になってしまったかのようでした。
 
sylvie_guillem_050707.jpg
posted by くみくみ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。